琉球びんがたN F Tのお知らせ

2021年12月9日

日本で「あたりまえ」とされていた文化や技術を活用し、新たな事業価値を創造するビジネスデザインファームの株式会社ピハナコンサルティング(本社:東京都港区、代表:岡本幸樹、以下ピハナコンサルティング)は、琉球びんがた事業協同組合、琉球びんがた職人、民間企業から組成されている一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム(本社:沖縄県那覇市久米、事務局長:小渡晋治、以下びんがたコンソーシアム)、知念紅型研究所(代表と連携し、琉球文化の象徴である国指定伝統的工芸品「琉球びんがた(りゅうきゅうびんがた)」の本染め及び型紙のデジタルデータをNFT(Non-Fungible Token)(※1)として販売、当データを活用した商品開発を推進することで収益化を可能とするサービス『琉球びんがたNFT』を開始いたします。

『琉球びんがたNFT』ではデザイン性の高い琉球びんがたの本染め、型紙のデジタルデータをNFT化するだけでなく、当デザインデータを使った商品の開発・販売の推進、琉球びんがた工房への限定視察が可能な権利をNFTとして今後リリースします。現時点においては、当データの利用に関するトレーサビリティをすべて得ることは難しいですが、まずはNFT化することにより琉球びんがたのデザインデータの活用機会を拡大し、琉球びんがた工房における新たな収益機会の提供を図ります。
(※1)「NFT」とは、Non Fungible Token(ノンファンジブル・トークン)のことであり、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンのことを指します。

詳細は下記プレスリリースをご確認ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000041543.html